みどころ


監修者からのメッセージ

ジョヴァンニ・C.F. ヴィッラ(べルガモ大学教授、キエリカーティ宮絵画館館長)
  •  ヴェネツィアの「彩色(コロリーレ)」とは、いわば色彩で音楽を奏でる芸術であり、色によって調和を作り出すことです。色彩は、光を通して予期せぬ新しいかたちを作り出すことができます。その色彩が、鑑賞者の感情を揺り動かし、絵画に表わされた繊細な内面を伝えるのです。描かれた人物の容貌やそこに表わされる心理状態を「自然」に表現し、季節によって刻々と変化するヴェネツィアの空の透明さや、ラグーナ(干潟)の靄(もや)を捉える技量。皆さまは、ヴェネツィア派の画家たちの表現力に富む筆によって施されたこの完璧なまでの色彩を心ゆくまで楽しむことでしょう。本展を訪れる人は、真の傑作に出会い、天才ティツィアーノや黄金期のヴェネツィア派のさまざまな作品を目の当たりにすることでしょう。ヴェネツィア・ルネサンスは、華麗で尽きることのない魅力に満ちた人類、文化、そして芸術作品の長い歴史において、比類なき素晴らしい時代なのです。


トップへ